ザイザルの効果と服用方法

ザイザル錠の効果、服用方法について

ザイザル錠の主成分はレボセチリジン塩酸塩です。
白い楕円形の錠剤ですので、円形の錠剤に慣れている人には最初は飲みづらいかもしれません。

アレルギーによって引き起こされる症状をヒスタミンH1受容体拮抗作用によって改善してくれます。そのため、アレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹などの皮膚炎の治療薬としてよく使用されます。耳鼻咽喉科や皮膚科などでよく処方されます。

副作用として、眠気がありますので、服用後は車の運転は控えてください。そのほかにも口の渇き、倦怠感、吐き気、めまい、頭痛等も報告されています。
いつもと違う症状が出た場合には、服薬をやめて医師に相談してください。7歳から15歳までは1日2回朝食後と就寝前に2分の1錠を服用してください。

15歳以上は1日1回、就寝前に1錠を服用してください。飲み続けることが大事です。
飲み忘れた場合にはできるだけ早く服用してください。ただし、2回分を1度に服用するのはさけてください。症状が改善されたからといって、自己判断で服用をやめず、必ず医師の指示に従ってください。

ザイザル錠ってどんな薬?

ザイザル錠は一般名レボセチリジン塩酸塩錠という抗ヒスタミン薬で、グラクソ・スミスクライン株式会社から発売されている先発医薬品です。
後発医薬品はレボセチリジン塩酸塩錠という名前で多数存在します。

体内物質であるヒスタミンの働きを抑える作用によってアレルギー反応を抑えることで蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などのアレルギー症状全般を改善します。

用量としては成人で5mg錠を1日1回1錠で就寝前に経口投与するのが一般的です。7歳以上15歳未満の小児には2.5mg錠を1日2回1錠ずつ、朝食後および就寝前に経口投与します。注意すべき副作用としては眠気、倦怠感、口渇 、 嘔気 、 好酸球増多 、 総ビリルビン上昇 、 肝機能障害 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ?GTP上昇があります。

この薬を飲んではいけない方としては、肝障害、腎障害、痙攣性疾患、てんかんの方、妊産婦、高齢者が禁忌あるいは慎重投与となっています。また、アルコールを含む飲料とは飲み合わせてはいけません。