ボベランの効果や服用方法

ボベランの効果はどれくらい続く?

ボベランは痛みや炎症などを和らげる効果がありますけど、問題はこの効果の持続時間でしょう。
永遠に効果があるわけではないため、いつかは効果が切れるわけですが、どれくらい持つか?は気になるはずです。

ボベランの効果については、かなり個人差があると思っておきましょう。
また、痛みや炎症の程度にも左右されるので、幅があるのが当然と言える状況です。
基本的には6~12時間程度は効果が続くとされているので、場合によっては半日程度持つ可能性がありますが、思ったよりも早く効果が切れてしまうケースもありえます。

この効果の持続時間については、満足いく人、いかない人それぞれいるかもしれません。
ただ、一定時間は苦痛が和らぐということで、そこに関してはボベランの大きなメリットに感じられるはずです。

また、ボベランについては割と即効性に近い状況が確認でき、使用してから30分程度で効いてくる可能性が高いです。
使った瞬間というわけではないものの、長い時間待つ必要はないので、そこも知っておくと良いでしょう。

こうして見ると、ボベランの効果の持続時間や効果発生までの時間に関しては、特に問題点はないと言えるはずです。
人によって差はあるにせよ、致命的に差が出るようなケースはほとんどないでしょうから、安心して使用できます。
痛みや炎症を生じるケースは日常生活の中でそこそこある可能性が考えられるため、ボベランのような存在は必要性は高いと思われます。

ボベランの服用方法

ボベランは、鎮痛や消炎のために利用する場合、成人の場合は1日に75?100mgを目安に、3回に分けて服用します。頓用(痛み止め)として服用する場合は、25?50mgが目安になります。
急性上気道炎の解熱や鎮痛のために利用する場合、成人の場合は1回に25?50mgを目安に服用します。原則として1日に2回までの服用にとどめ、最大でも1日に100mgが限度です。
なお、服用する量は年齢や症状により適宜増減されます。必ずしも医師の指示に従ってください。

いずれの疾患に使用する場合も、空腹時に服用することは避け、食後などに服用するようにしてください。また、別途医師から服用方法を指示された場合は、それに従うことが大切です。

服用の際は、必ず多めの水と一緒に服用してください。万が一食道に停留して崩壊すると、食道潰瘍を起こすおそれがあります。また、寝る直前の服用は避けてください。

万が一飲み忘れた場合は、気がついたタイミングでできるだけ早く飲むようにしてください。ただし、次に飲むタイミングが近い場合には、忘れた分は飲まずに一回分を飛ばしてください。服用の感覚が4時間以内にならないようにしましょう。また、2回分を一度に飲むことは絶対にやめてください。

誤って多く飲んでしまった場合は、必ず医師や薬剤師に相談し、指示を仰いでください。

症状が治った場合も、医師の指示なしに、勝手に自分の判断で服用を止めないでください。