ポスティノールの効果や副作用について

ポスティノールの効果について

ポスティノールは緊急避妊薬で効果はレボノルゲストが主成分で女性ホルモンの1種である黄体ホルモンが含まれていて受精卵の着床の阻害よりも排卵を抑えたり排卵を遅らせる効果があり排卵前に服用することで排卵過程を妨げ80%の女性が5日以内の排卵が阻害され排卵障害が起こります。

服用のタイミングは性行為後72時間以内0.75mgを2錠、食事やアルコールの影響は受けませんが嘔吐した場合効果がなくなるので注意が必要です。

副作用として消退出血、吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少、生理不順、疲労、下腹部痛などがあります。また抗けいれん薬、HIVプロテアーゼ阻害剤、リトナビル、リファブチンは本剤の効果を減弱させる恐れがあります。

レボノゲストレルに対し過敏症がある方や重篤な肝障害のある方妊婦、産婦、授乳婦の方、重度の消化管障害または消化管の吸収不良症候群がある方はポスティノールの服用ができませんのでご注意下さい。

ポスティノールの副作用はどんなものが考えられる?

ポスティノールを利用して避妊を画策する際には、事前に副作用に関して知っておくと良いでしょう。
どんな症状が出るか?知っておけば、いざというときに慌てなくて済みますから。

ポスティノールを使用する際に現れやすい、代表的な副作用は頭痛、吐き気、疲労感といったものになります。
ただ、場合によっては生理不順や下腹部の痛み、消退出血なども現れる可能性があるのです。

副作用の一覧はこういう状況ですが、程度に関しては個人差があるのでそこは注意点と言えます。
例えば、頭痛に関してどの程度の痛みなのか?動けないほどなのか?ちょっと辛いくらいなのか?はどうしても人によって異なるはずです。
だから、副作用については具体的にどういった状況になるか?は分からないので、そこは覚えておいた方が良いでしょう。

ちなみに吐いてしまった場合には、ポスティノールの効果が消えてしまう恐れがあるため、そこは大きな注意点です。
ただ、服用してから2時間以上経っていれば、特に心配はありません。