フルオロメトロンの効果や副作用について

フルオロメトロンは、結膜炎や角膜炎などの炎症を鎮めるステロイド点眼薬です。炎症や花粉によるアレルギーなどで目にダメージが続くと機能障害が起こります。この炎症を鎮め、機能を正常化させる役割を果たします。

懸濁液なので、薬の作用が長く持続するので一日の使用回数を抑えることが出来ます。また、ステロイド剤なので副作用を心配される方も多いと思いますが、点眼薬なのでピンポイントで作用し、最大限の効果が期待できます。用法容量を正しく守れば、より早い症状の鎮静化が望めます。フルオロメトロンは比較的穏やかな効果の点眼薬ですが、副作用としては、眼圧の上昇や、抵抗力が落ちることにより感染症のリスクがあるので注意が必要です。

花粉症でアレルギーが続き目の充血やかゆみがひどいときによく用いられる点眼薬ですが、中性のためしみることが少なく、刺激を感じにくいので安心して使用できます。あくまでも症状の改善に用いるものであって、予防での使用は控えてください。

フルオロメトロンの効果と副作用について

結膜炎や虹彩炎など目の炎症が起こった際に処方されることが多い「フルオロメトロン」。
眼科にかかった際に処方されたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回はそんなフルオロメトロンについてわかりやすく説明していきます。

フルオロメトロンの効果

フルオロメトロンはステロイドが配合された目薬です。
抗炎症作用や抗アレルギー作用があるので目が炎症を起こした際に用いられます。

副作用

副作用として
・目に何かが刺さるような感覚(眼刺激感)
・充血
・目やに
が報告されています。

重要な副作用として
・頭痛
・緑内障
・眼痛
も報告されています。
重要な副作用が起きた場合や、気になる症状があった場合には速やかに医師に相談するようにしましょう。

使用する上での注意点

妊娠中や授乳中の方は医師への相談をしましょう。
コンタクトレンズを使っている方や、過去に目の病気(角膜上皮剥離や角膜潰瘍等)が起きた際も同様に医師への相談をしてください。

目薬を使用する際に早く治そうと何滴も点眼する方が多いですが、使用する際はしっかりと用量を守るようにしましょう。